和装婚礼通信

shigemori.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

千葉県佐原の香取神宮にかつら被せに行ってきました!

こんにちは! まさひろです。

今日は、久しぶりに婚礼の立ち合いに行ってきました。
しかも!場所は千葉の佐原にある香取神宮です。

朝5時過ぎに出発。早く出過ぎて6時15分頃には到着。
雨も降っていましたが時間が経つにつれて弱まり、
式の時間前には止んでいました。
お二人の日ごろの行いがいいんだろうな~!

待っている間の時間は、ノートPCで、秋のコンテストの
広告掲載用の仮データを作成。
落ち着いて作れました。

メイク・着付けの支度が終わってかつらの取り付け。
撮影や婚礼の立ち合いや、コンテストなどだいぶ立ち会いに
慣れたせいもあって落ち着いて仕事ができました。

f0228457_145846.jpg



御新婦さんはもちろん、メイクの方にも”きれい!”
”似合っています!”と大絶賛!!

列席の方にも”かつらが似合っている!”
地元のカメラの方にも、”せっかくだから角隠し外そうよ!
かつらとかんざしだけでも良いよ!”とプロも絶賛!
現場行ってこれだけ喜ばれるなんて幸せです。

f0228457_14585875.jpg


上のカットは一瞬でしたが、バッチリカット!
ノートリミングでナイスでした!

そして、これからもう一件かつらを被せに行ってきます。
(ほんとは、佐原の有名なうなぎ食べれるはずだったのに…)

1日に2件もかつら被せに行くなんて初めての体験です。

それでは行ってきま~す!
[PR]
by katura_shige | 2010-06-27 14:59 | Comments(0)

今週は久しぶりに仕事に集中できました。


おはようございます。まさひろです。

昨日は、お兄ちゃんの方がが22時過ぎた頃
「ちょっと勉強が分からないから教えて。」と言ってきました。
なにかな!?と思って見ると分数の計算。
「前にやったけど忘れちゃて…。」と
”なんだか懐かしいな~”と感じながら少し教えれば「そうだ。思い出した!」
とすらすら解いていました。

なんだか”ホッ”とした時間でした。


f0228457_9411668.jpg

先月5月18日中野サンプラザで行われた時の
登石先生の作品です。
かんざしは社長のオリジナルです。


ところでワタシは今週は、特に出張もかつら合わせもなく
仕事に集中できた一週間でした。
先週前は、出張が多かったりかつら合わせが多かったりと
いろいろ忙しく毎日バタバタしてました。

社長の方は百日草さんの「BENI-HANA」コンクールでの
受賞された方の撮影の立ち会いに行っていたので、
大変そうでした。

来週日曜日は、花嫁さんのかつら被せに行ってきます。こだわりある花嫁さんです。千葉に行くのですが天気が良ければ良いな~と今から祈っております。

来週もがんばりましょう~!
[PR]
by katura_shige | 2010-06-20 09:41 | Comments(0)

婚礼のヘアーや着付けはなんで速いのに、高いの!?という話についての私なりの答えです。

こんにちは。 まさひろです。

今日は、結婚から満12年の記念日。明日から13年目突入!!
という日でした。
昨日の夜は、横浜へイタリアンのご飯を食べに行ってきました。

f0228457_21415461.jpg


結婚当初はお互いの思いでぶつかりあうこともありましたが、
10年超えて子供も大きくなると、ずいぶん気持ちも変わって
くるもので。丸くなるというか、長年一緒にいるっていいこと
なんだとつくづく感じます。
これからも、仕事に家庭になが~い目で焦らず、楽しく
やっていきたいものです!


ところで、今週はいつもお世話になっている美容室さんに半かつらの講習に行ったり、
かつらが合わせにくい方のかつら合わせにいったりと4日近く、出張に出ることがありました。
その度に、現場の状況を知ったりと大変有意義な一週間でした。

そこで一つ話題に上がったのですが、お客様の相談で、
”ヘアーや着付けはなんで速いのに、高いの!?”
という話です。
私が答えるのも、なんなんですが一つの私なりの答えとして聞いて頂ければ幸いです。


通常なら、普通の街中の美容室たっぷり時間をかけてやればいいんです。
たっぷりお客様に対して時間をかけてスペシャル感を感じさせる事が出来ますからね!
これは、街中の美容室さんのお話。
結婚式専門の美容室さんに同じ事をしたらどうなるか!?
きっと、婚礼が一日一組しかできないでしょうね。
その日、ヘア・着付けをなさる方は新郎新婦はもちろんご両家のお母さんや
親せきのおばさんなど…その他に親せきの振り袖着付けも。

だから、より速く・綺麗に丁寧に。
しかもその時代によっての流行も取り入れて勉強していないと
プロとして仕事ができないといけないんです。

そのためには、常に”身銭を払って講習に行ってこないといけまん。”
その講習料の上乗せ分が、速くてもに高くなるのです。

この説明って、考えてみると美容師さんはあまりしてないんですよね。
実は、ブライダルプランナーも分かっていない人が多いんです。
美容師さんって職人みたいなところがあって上手く説明できない
方が多いんです。
だから他の人より勉強しているのに”安く!安く!”なんて
いわれて嘆いている真面目な美容師さんも多いんです。


f0228457_21423183.jpg

※写真は記事とは関係ありません。


だから”いい仕事は高いです。”

現在、飲食店や服飾店で安くて”高級感”の演出が
上手になりました。
大きいメーカーの凄い努力です。
大量生産・流通コストの削減など、
安くたって計算もしっかりできているからですよね。
そうでなければ、いずれダメになってしまいます。

ただ、この場合の技術についてですが、
特に和装の関係については(かつらのフィティングや着付けは)
”習ったから簡単にその通りできる訳でありません。”
いつも同じ体型で着付けて、大量生産の様にできるわけではないですから。
それはなぜか…、お客様一人一人のの体型や頭や顔の形が異なるからです。
それに合わせられるようになるには、
長い時間かけて、少しずつ勉強をしつづけるしかないのです。
やればやるほど、昔には見えなかった部分が悩みになりその繰り返し。
職人は、一生修行です。ワタシもそう思います。

そういうことを少しは分かって頂けると、良いと思うんですが…。

そのうち婚礼の支度が出来る人が、いなくなって
”その昔、日本人は婚礼の際、和装というスタイルで行っておりました。
”なんてことにならない様、若い美容師さんにも
技術の継承ができていければ幸いだと思う今日この頃です。

いろいろ書きましたが、
来週からも気合いれてがんばりましょう!

かつらについて分からない事があれば、
”まずは、お気軽にご相談くださいね!”
相談するのは無料ですからね!

ではでは。
[PR]
by katura_shige | 2010-06-13 21:44 | Comments(0)

かつらの仕事を通して感謝!感謝!感謝!!の一週間でした。

おはようございます。 まさひろです。

先週は、タイトルにある「感謝!感謝!」がいっぱいありました。

火曜日は百日草さん主催の「BENI-HANA」のコンクールで
和装ブライダル部門では、今回初めてかつらの協力をさせていただきました。
かつらの取り扱いは美容師さんにとって現在は日本髪かつらの婚礼が少なくなり、
慣れのある方とない方の差があると思いますが、受けた先生方は、被せ位置もきっちり決まっていて、かなり練習されてきた様子がありました。少ない時間の中で綺麗な仕事をされていました。スゴイ集中力です。
練習時間では、かつらについての確認を皆さんにさせていただき喜んでくれる方もいらっしゃって良かったです。(コンクール終わった後に”一緒に写真撮りましょう~!”なんて言われたのがうれしかったな~。)
更に、後日主催者の方からお電話があり”丁寧に教えて頂きありがとうございました。”と喜んでもらえました。
喜んでもらえて、感謝!感謝!です。

f0228457_11254352.jpg

これもかつらです。
f0228457_11261254.jpg

タボが地髪で帽子のひさしみたいになっている部分が
かつらになってます。



更に、金・土曜日は4件のかつら合わせ。
お客様が3人様にブライダル関連の雑誌撮影のかつら合わせが1件。
お客様にも喜んで貰えて、楽しいいい雰囲気でかつら合わせができたのがワタシも嬉しかったです。
そしてモデルさんには”こんなに痛くない、楽なかつら初めて!”と喜んでもらえました! 仕事で喜んでもらえて感謝・感謝です。

まだまだあって、土曜の午後は都内のいつもお世話になっている大式場の美容室さんにもかつら合わせに。バッチリ合って、花嫁さんお母さまにも喜んでもらえて。その式場の美容師さんにも喜んでもらえて。

f0228457_11272759.jpg

登石先生の作品の一つです。
ちなみに撮影は、ワタシが撮らせていただきました。
楽しかったな~!

帰りには、洗車の為近所のガソリンスタンドによったのですが隅々まで丁寧に掃除して頂けて、その事に感謝!感謝!ですが、「綺麗にして頂きありがとうございます。」と言って缶コーヒーを差し上げました。そうしたら「当然のことですから。」とニコニコされていました。

今週は、感謝がいっぱいあって来週からまた楽しみです!
来週もがんばるぞ~!!!
[PR]
by katura_shige | 2010-06-06 11:29 | Comments(2)